ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る

赤ワイン

辛口

プティ・フィジャック (2017)

9242744

2017

¥ (税込)

¥ ¥ (税込) % OFF

数量

1

お気に入り

お気に入り

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷
生産者
生産地
原産地呼称/等級
タイプ
葡萄品種
テイスト
容量

750ml

生産者

シャトー・フィジャック

シャトー・フィジャック| ピーロート・ジャパン オンラインショップ

シャトー・フィジャック



16~17世紀に建てられたシャトー

サンテミリオンの歴史あるドメーヌ、シャトー・フィジャックは1892年から約130年ほど同じ家族によって受け継がれています。1947年から2010年にかけて、ティエリー・マノンクールは、時代を先取りした革新の直感と自然への敬意をもって、「フィジャック・スタイル」を作り上げました。環境と生物多様性に細心の注意を払い、シャトー・フィジャックを現代に根付かせ、その後の礎を築き、永続的な力関係を築き上げました。葡萄畑に囲まれた広大な庭園の中心に16~17世紀に建てられたシャトーは、黄金色に輝く切り石でできた、すっきりとしたラインと高い窓のあるファサードが特徴のエレガントな建物です。




サンテミリオンで例外的な地質

中庭を中心とした建築は、その個性と力強さで訪れる人の心を捉えて離しません。ユネスコ世界遺産に登録されているサンテミリオン地区の中心に位置するシャトー・フィジャックは、この地域の名声と評判を高めようと常に努力してきた一族のフラッグシップ・ドメーヌです。シャトー・フィジャックの葡萄栽培のテロワールは、このアペラシオンでは例外的な地質で、深さ数メートルに及ぶ石英と火打ち石の地表が3つあり、下層土は青粘土で、ワインの中核をなす3種類の葡萄品種を植えた区画の無限のパッチワークを形成しています。ティエリー・マノンクールは、右岸で初めてカベルネ・ソーヴィニヨンをかなりの割合で植えた人物です。最も古い樹齢は1921年ですが、約41haの畑の葡萄の平均樹齢は35年です。近年、土壌、気候、植生を詳細に調査し、畑の特徴を生かしながら35%の植え替えを行いました。ワインと同様、この真の紳士は、寛大で洗練された理想を体現していて、現在は妻と子供たちによって受け継がれています。




サンテミリオンのプルミエ・グラン・クリュ・クラッセA

サンテミリオンワインの公式格付けで最高ランク(プルミエ・グラン・クリュ・クラッセA)を掲げる2つのシャトーのうちの1つです(2022年の格付け、2031年の収穫年まで有効)。サンテミリオンで最も大きなドメーヌのひとつで、1ブロック54ha、うち41haが葡萄畑となっています。砂利が多い土壌のため、葡萄品種はカベルネ・ソーヴィニヨン(35%)、カベルネ・フラン(35%)、メルロー(30%)が植えられています。他のサンテミリオンワインの多くはメルローが主体であるため、フィジャックはボルドー右岸にありながら、メドックやグラーヴのワインと似たような存在感を示しています。



続きを表示 ▼

▶︎ この生産者でさがす

よく一緒に見られている商品

おすすめ特集