ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る

スパークリングワイン

辛口

夏カタログ120 フランス 白シャンパーニュ 1本

Taittinger Comtes Champagne Blanc de Blancs

8201204

2012

【商品情報】
・こちらの商品をお買い上げの場合、別途送料は発生致しません。
・クール便配送のため、宅配ボックスはご利用いただけません。
・専用箱に梱包されております。別途ギフトボックスはご注文されませんよう、お願いいたします。


テタンジェ コント・ドゥ・シャンパーニュ ブラン・ドゥ・ブラン (2012)

テイスティングノート 2012年ヴィンテージを開けた瞬間、それ自体が特別な機会であり、期待に応えてくれるような一本。透明感があり、黄金色の輝きが美しい、麦わら色。上質で繊細、滑らかな泡が立ち上る。ノーズは成熟した官能的な世界へと誘う。砂糖漬けの柑橘類、洋ナシ、アプリコットの芳香を放ち、レモン・メレンゲ、ヌガー、アーモンドなどの菓子やブリオッシュを含む。見事なミネラルのパワーを持ち、濃密でリッチさにヨード香を伴う。フルボディの味わいは、石灰質の骨格の上に築かれ、力強い風味と艶やかな要素が組み合わさり、繊細で緻密な酸味によって強調されている。魅惑的な魅力の濃厚なアロマを持ち、熟した柑橘系果実の爽やかな風味と長く続く塩味のフィニッシュへと続く。自然な力強さを持つ2012年ヴィンテージは、その活力と果実の卓越したピュアさにおいて比類ない。時間を経て、更にエネルギーとフィネスの両方は展開する。パワフルで、このようなキュヴェに期待される熟成のポテンシャルをすべて備えている。繊細な骨格に支えられ、石灰質土壌の光を浴びて生まれたこのエネルギッシュな逸品は、稀に見る力強さを表現している。最初の一口から、その驚くべき若々しさと透明で張りのあるテクスチャーに驚かされる。
合う料理 特別なお祝いに最適、またシーフード、甲殻類、魚の前菜などと好相性
葡萄品種 シャルドネ

¥ (税込)

¥ ¥ (税込) % OFF

お気に入り

お気に入り

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷
生産者
生産地
原産地呼称/等級
タイプ
葡萄品種
テイスト
アルコール度数(%)
サーブする温度
容量

750ml

コート・デ・ブランにある「グラン・クリュ」に格付けされた5つの村のシャルドネのみで造られている: アヴィーズ、シュイイ、クラマン、メニル・シュル・オジェ、オジェ。このユニークなテロワールは、わずか20kmの帯状のテロワールから成る。表面には千年前の石灰質が見え、水と肥沃な土地のオアシスを作り出している。白葡萄はこのような土壌で見事に花開き、ミネラル感、力強さ、洗練されたアロマを引き出す。コント・ド・シャンパーニュを造るには、洗練さを絶対的に保証する「キュヴェ」のみが使用される。キュヴェを構成するワインのうち、5%は新樽で4ヵ月間熟成し、その3分の1は毎年入れ替えており、最終ブレンドにはトースト香が加わる。セラーでゆっくりと熟成する10年間、時が魔法をかけ、ヴィンテージは並外れたエネルギーと熟成のポテンシャルを持つ。

12012年は素晴らしいヴィンテージとなった。葡萄樹にとっては特に困難なコンディションであり、気候変動により悩まされた。2月の穏やかな天候の後、3月と5月に霜が降り、4月から7月にかけては複数の地域で雹が降った。その後強い日照りが続いたが、過度の暑さは無く、低収量と相まって稀に見るレベルの成熟を遂げた。調和とバランスの取れたコント・ド・シャンパーニュを生んだ。

生産者

シャンパーニュ・テタンジェ

独自スタイルのシャンパーニュ

テタンジェの特徴は、シャルドネが主導するスタイルで、繊細さとエレガンスをシャンパーニュに与えています。高品質の葡萄を厳選し、一番搾りの95%の果汁を使い、セラーで長期熟成することが、シャンパンの独自性の柱となっています。また、テタンジェのユニークさの理由は、ボトルにメゾンを経営するファミリーの名家を掲げた唯一の国際的に有名なブランドで、畑、流通、市場における各工程の品質基準は極めて高く、シャンパーニュ地方で生産されるシャンパーニュの中でも最も上質なものの一つであると国際的に認められていて、ビギナーとシャンパーニュ愛好家達の両方から愛されている、などです。




その歴史

1240年、ティボー4世はシャンパーニュ伯爵で、ナヴァラの王で詩人であり、キプロスから後にテタンジェ家の印となるシャルドネの先祖である品種の葡萄の樹を持って帰還しました。1734年、シャンパーニュ商人であるジャック・フルノーが、後にテタンジェとなる会社を設立。1932年、ピエール・テタンジェが、ベネディクト会の修道僧でシャンパーニュの創始者でもあるウダール兄弟が18世紀に植樹したシャトー・ド・ラ・マルケットリーを購入しました。1945年、フランソワ・テタンジェが、シャルドネをフェミニンで優雅なスタイル、と定義付けました。これは今日でもテタンジェの特徴となっています。現在は独立エージェントを通じて140カ国で販売され、毎年550万本が売れています。





現在

テタンジェのブドウ畑は長年にわたり順調に拡大し、現在では288ヘクタールに及んでいます。シャルドネ37%、ピノ・ノワール48%、ピノ・ムニエ15%が栽培され、37の異なるクリュに分散していて、シャンパーニュのアペラシオンで最高のものです。現在では、シャンパーニュ地方で2番目に大きなドメーヌであり、シャンパーニュ地方の「高い環境価値」と「持続可能なブドウ栽培」の認定を受けているドメーヌのひとつでもあります。
2007年、ピエール・エマニュエル・テタンジェがメゾンのトップとして就任し、卓越性を最大の目標に掲げました。「ボトルに家名を記すことは、責任と常に高い水準を要求することです。私たちの署名には、過去のノウハウと明日への決意が込められているのです。「今日、このビジョンを推進するのは、テタンジェの娘であるヴィタリー・テタンジェです。彼女は2020年からメゾンの社長に就任しています。

▶︎ この生産者でさがす

よく一緒に見られている商品

おすすめ特集