ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る

SOLD OUT

  • バローロ・カンヌービ、ルイジ・エイナウディ (2017) 詳細画像
1

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ

赤ワイン

辛口

バローロ・カンヌービ、ルイジ・エイナウディ (2017)

Barolo Cannubi Luigi Einaudi

9307984

2017

テイスティングノート 魅惑的な胡椒と石墨の芳香を示し、すっきりしたタンニンは焦点が定まっていて、長く続く。生き生きとして、飲みやすい。
合う料理 ソース添え料理、熟成チーズ、ハムなどと好相性
葡萄品種 100% ネッビオーロ


*本ヴィンテージが在庫切れの場合、在庫があり価格が同様の場合は自動的に次のヴィンテージに変更されます、ご了承ください。

¥ (税込)

¥ ¥ (税込) % OFF

お気に入り

お気に入り

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷
生産者
生産地
原産地呼称/等級
タイプ
葡萄品種
テイスト
アルコール度数(%)
サーブする温度
容量

750ml

テロワール カンヌビ、バローロ
葡萄畑の位置 カンヌビ、バローロ
気候 温暖な大陸性気候
地質 バローロの一部では、白っぽい黄色い泥灰土壌が特徴的。
収穫 2017年は、温暖な気候と、降雨量が少なかったことが記憶に残る。冬は温暖で降雪も少なく、春は多少の雨と季節平均を上回る気温となり、葡萄樹の生育をさらに促進し、早熟となった。それがシーズン中も続き、4月末にはランガ全域で、特に夜間に気温がかなり低下し、霜による被害が発生したが、全体的にはコントロールすることができた。5月に入ると、多くの高気圧が通過したため、好天が長く続いた。その後も天候は安定し、畑の管理は問題なく、良好な状態が保たれた。夏の間記録された最高気温は、イタリアの他の地域と同様に平均以上となったが、他の暑い年とは異なり、夜は涼しかった。8月末から9月初めにかけて、待望の雨にも恵まれた。葡萄樹の水分が部分的に確保できたので、きれいな黒色に完熟した。9月の第1週目から気温は大きく下がり、昼夜の温度差が大きくなり、平均的な気温となり、ネッビオーロの優れたアントシアニンとタンニンが抽出できた。早熟ヴィンテージだったが、葡萄樹は十分に成長することができた。
醸造 コンクリートタンクで30-32℃で発酵後、22-25日間マセラシオンする。温度管理しながらデカントし、マロラクティック発酵を促す。
熟成 オークの大樽で長期熟成し、瓶詰後、リリースまで瓶内熟成する。

酸度 0.71g/L
PH 6.04g/L
残糖度 0.52g/L

Vini Veronelli 3つ星/93ポイント!
ジェームス・サックリング 94ポイント!
ワイン・エンスージアスト 96ポイント!

よく一緒に見られている商品

おすすめ特集