商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー フィジャック


シャトー・フィジャックはサンテミリオンの第1特別級であり、エレガントで洗練された最も偉大なボルドーワインを提供している。エステートは見事な傑出したテロワールに位置し、シャトーの歴史はサンテミリオンの歴史と深く関わっている。起源は2世紀に遡り、フィジェック家が所有し、エステートにその名が与えられた。エステートを120年以上所有したマノンクール家が、シャトーのユニークな特徴を形成し、サンテミリオンでは非常に珍しい品種構成である、カベルネ・フラン35%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、メルロー30%の畑を作った。


この素晴しい地所はシュヴァル・ブランに隣接し、シュヴァル・ブランは1789年以前、フィジャックの敷地の一部であったが、その後シャトーは家族間で分けられた。事実、今日シュヴァル・ブランとして知られている所でできたワインはヴァン・ドゥ・フィジャックとして売られていた。近所にはフィジャックという名を借用することができた他のシャトーが多くあった。これは地所を分けた結果である。1879年にラ・トゥール・フィジャックはフィジャックから分離し、さらに3つに分けられた。オリジナルのシャトーは16haを維持した。他の2つのパートは両方ともラ・トゥール・デュ・パン・フィジャックと呼ばれ、おのおのはおおよそ8haの畑を持つ。


しかしながら、全てのフィジャックのシャトーのなかで、“シャトー・フィジャック”は最高で、おそらくサンテミリオンで2番目に良いワインを生産し、メドックの格付けと比較してみると、2級に値するであろう。