商品フィルタ 商品フィルタ

ホワイトヘイヴン ワイン カンパニー リミテッド

ホワイトへイヴン・ワイン・カンパニーについて
ホワイトへイヴン・ワイン・カンパニーはグレッグ&スー・ホワイトが著名なワインメーカーであるサイモン・ウォグホーンを誘い、当時まだ始めて間もないワイン会社をより良いものにしようと1994年に設立されました。

グレッグとスーにとっては、マルボロに居を移すということは、経済とマーケティングの分野でキャリアを築いた後の典型的なライフスタイルの転換でした。サイモンの動機は、妥協ゼロの高品質のワイン造りの探求でした。

ワインメーカー、サム・スメイルがホワイトへイヴンの才能溢れたチームを主導する役割を引き継いだ際、家族経営の会社の礎である妥協を許さないコミットメントを保持しました。偉大なワイン造りにおいて、サムは科学的精密さと芸術家的創造性の両面を取り入れています。サムは10年以上ホワイトヘイヴンと共に歩んでいます。彼の役割は科学と芸術の架け橋です。新世界の技術と旧世界の職人技を駆使し、サムと彼のチームは、羨望の的となる高品質、濃密さ、一貫性を備えたワインのシリーズを生み出す事に重点を置いています。

偉大なワインは最高品質の葡萄によって造られることを強く認識した上で、ホワイトへイヴンは地域に広がる葡萄畑の中から、実績があり厳選された30の畑の葡萄を使用しています。ホワイトへイヴンはマルボロ産の葡萄のみを使用していることを誇りとしており、このポリシーにより、マルボロ本来の葡萄の味を持つワインをお届けすることを保証しております。今日では、このようなことを実践しているワイナリーは一握りで、改めてホワイトへイヴンの一貫性と信条に対する評価を絶対的なものにしています。

マルボロはニュージーランドのワイン造りの中心地であり、現在は世界においても葡萄栽培の聖地として広く認識されています。日照時間が長いが冷涼な気候であるため、葡萄が時間をかけてゆっくり熟すという利点があり、風味を濃厚にし、ワインにユニークな特徴を与えています。

マルボロのワイン生産地の「黄金の1マイル」に位置し、ホワイヘイヴンの近代的なワイナリーはソーヴィニヨン・ブランを始め、シャルドネ、ゲウツトラミナー、ピノ・グリ、リースリング、ピノ・ノワール、ロゼの広範囲のワインを生産しています。

ホワイトヘイヴンのワインは、ニュージーランド、オーストラリア、イギリス、アイルランド、香港、日本、シンガポール、アメリカ、カナダの選ばれたエージェントを通じて流通しています。

不幸にもグレッグは2007年に他界しましたが、スーはずっと会社を支えてくれている結びつきの強いチームと共にホワイトヘイヴンの夢を情熱的に持ち続けています。スーは、親身になり支えあうチームの気質が会社の誠実さを維持し続けていると思っています。各ヴィンテージの中から最良のものが入念に選ばれ、グレッグ・ホワイトに捧ぐ「グレッグ」と命名されるのです。

ホワイトヘイヴンは、創設者の期待以上の成長を遂げましたが、経営陣、醸造家および葡萄栽培チーム共に小規模で職務に専念できる環境を維持し、彼らの才能が結合する職場で、正にマルボロ・スタイルと言える高品質と濃密さを備えた優雅なワインが造り出されています。

ホワイトヘイヴンは目標を一つに絞り、秀でる特徴を備えたワインと極上の果実から生まれる美を造り出すことに特化しています。私たちのヴィンテージはマルボロの自然と精神を顕著に反映しています。