商品フィルタ 商品フィルタ

サンティ



歴史

サンティ・ワイナリーはアッティリオ・カルロ・サンティによって、1843年ヴェローナから程近い、ヴァルポリチェッラの小さな村イッラージで設立。

起源

イタリア統一前である1843年にサンティが創業したイッラージのその古い村は、ヴェローナ県の東端に位置し、有名なイッラージ城が近くにそびえる。

今日

サンティの歴史的シンボルにもなっている古い騎士は、恐らく、常にサンティのアイデンティティの一部となる新しい場所(イッラージの村)を見つけた。この地は有名なアマローネワインが造られるヴァルポリチェッラの中心部で、また中世の重要な城が近くにあるカステルロット郡にあり、もう1つ重要な歴史的エステートのテヌータ・プーラがある

ワイン

“エクセレント”がサンティのモットー。これは白、赤、アペラシオン、葡萄品種を問わない。ワイナリーは常に最高品質のワインを産出している。

チーフワインメーカー

ヴェローナ出身のクリスティアン・リドルフィ氏は、ヴァルポリチェッラを代表するいくつかのワイナリーで長年情熱を燃やしながら経験を積んだ後、歴史的なサンティのチーフとして就任。

リドルフィ氏はコネリアーノの農学校を卒業後、直ぐにヴェローナに近いサン・マルティーノ・ブオン・アルベルゴでワインメーカーとしてのキャリアをスタートさせた。実は1998年から2000年までの2年間にサンティで働くなど、キャリア初期からヴァルポリチェッラワインの偉大なるワイナリーの優れた人々と共同していた。2015年まで、ヴェローナの歴史的なワイナリーであるベルターニ社に勤めた後、サンティへと戻ってきた。

リドルフィ氏は、ヴェローナのワイン醸造地に精通しており、アペラシオンの起源や、テロワールがどのようにして発展していったのかという背景などの知識から、各畑の特長を理解し、反映させている。