商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー クレール ミロン

シャトーはないが、畑はムートンとラフィット=ロートシルトの隣に際立って位置し、同様の土壌を共有している。1970年にこのシャトーは、バロン・フィリップ・ドゥ・ロートシルトによって購入された。それまでクレール・ミロン・モンドンとして知られていたが、単にクレール・ミロンと名をかえた。また彼はラベルのデザインも新しく変え、ムートンのコレクションから17世紀初期の銀めっきのドイツ製カップを描いている。現在のラベルもまたムートンのコレクションからで、踊っている道化師のペアが描かれている。ロシアのエカチェリナ女

帝のために、17世紀にドイツの金細工師によって金とバロック真珠で作られたコメディア・デラルトのキャラクターを描いたものである。
 
クレール・ミロンは良いワインを造るために、ロートシルト家によって所有されている他の2つのシャトー、シャトー・ムートン・ロートシルト、シャトー・ムートン・バロン・フィリップと同じ主義、方法によって経営されている。
 
セカンドラベル:なし
畑の面積:30ha
平均収穫量:9,500ケース
畑の分布:数画にわかれている。
土壌:砂利が深く、下層土は粘土と泥灰土
品種:70% カベルネ・ソーヴィニヨン 20% メルロー, 10% カベルネ・フラン
剪定:グイヨー ダブル メドケーン
1haあたりの葡萄の作付け数:8,800
平均樹齢:38 年
1ヘクタールあたりの生産量:35hl
収穫:手摘み
酵母の添加:なし
マセラシオンの期間:15〜22日
発酵の温度:32度
発酵のコントロール:電気、手動コントロール
発酵槽のタイプ:セメントとステンレススティール
ヴァン・ドゥ・プレス:ヴィンテージにより3%
樽の年令:18〜22ヵ月
樽熟の長さ:18ケ月
清澄:新鮮な卵白
フィルターの使用:なし
ボトルのタイプ:ボルドレーズ ルルド
シャトーにおける壜詰め:100%
 
貯蔵:5〜14年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:基本的な肉とポテト料理:フィレミニヨン、ラムフィレ、ソテーかグリルされたステーキ、チーズ