現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

レイル・ヴィンヤーズ



完璧を追い求めて

エクセレンスの追及には時間を要します。そして完璧を追及することは、全く異なる探求であり、仮に完璧の実現が可能であるとしても、それは、世代を通して達成されるものです。恐れることなく挑戦すること、並はずれた知識、芸術的想像力が必要となります。ナパ・ヴァレーの歴史を通して、レイル・ヴィンヤーズが擬人化したような美、エレガンス、質を表現できたワインは数本しかありません。私どものワインは、ナパ・ヴァレーでワイン醸造の知識を、身を持って得た4世代以上のレガシーに由来します。レガシーは今日、ワイナリーの不動の羅針盤の役目を果たしています。


レイル・ヴィンヤーズのルーツ

1879年、ロビン・ダニエル・レイルの曾祖父の兄弟であったグスタフ・ニーバウムが、イングルヌック・ワイナリーを設立し、ナパ・ヴァレーでワイン醸造を開拓したときに、私たちの物語はスタートしました。この地こそ、ロビンが育ち、先見の明のあった父のジョン・ダニエルJr.や彼の弟子のロバート・モンダヴィを見て、貴重な洞察力を得た場所でした。ダニエルはナパ・ヴァレーが他に負けないワインだと強く信じ、またナパ・ヴァレーのアペラシオンとヴィンテージをラベルに初めて表示し、ナパへの献身を強めた人でした。

このレガシーを基盤に、ロビンの情熱と強い思いは、ワインの各ボトルや彼女のコミュニティーへの関わりの中に反映されています。ロビンのインスピレーションは、家族の歴史と、ナパ・ヴァレーの大家の多くと協力した経験に依拠します。この共同者にはドミナスのクリスチャン・ムエックス、ビル・ハーラン、ワインのアイコンであるロバート・モンダヴィを含みます。長い間師匠であったロバート・モンダヴィは、ロビンにオークション・ナパ・ヴァレーの初開催の指揮を任せたり、ナパ・ヴァレーで最も代表的なワイナリーの一つであるレガシーを発展させる、レイル・ヴィンヤーズの設立を促しました。

ロビンはナパの有名なブランドで数年働いた後、1995年に自身の素晴らしいワインを造るという夢に着手しました。才能ある多様なチームを組み、自身のワインの最初のヴィンテージを生産しました。


最高のワイン造りに傾注

レイル・ヴィンヤーズでは、流行を追いかけることはしません。代わりに、豊かなレガシーの高潔さに忠実であり続けるという責任をもち、ワインを匠に造ります。自社畑のモールヒルとトーテム、加えてその他の名高いナパの畑で造られた、私どものワインは、雄弁に家族愛と、ナパ・ヴァレーで出来る最上級ワインを醸造する家族の伝統の物語を表現しています。

クラシックな生産者として、レイル・ヴィンヤーズのエクセレンスへの探求に、決して完全というものはありません。これはたとえパーカーで“完璧”な100ポイントという、世界的賛辞を受けた後も変わりません。その評価は単に、将来ブランドのレガシーの一部になる出来事だったと考え、家族がホームと呼ぶヴァレーを超えて、現在各地で名を馳せる、ワイナリーの静かな自信を強めるものでした。