カステッロ・コッレ・マッサリ

ルカ・マローネのワインへの興味は、ブドウ栽培の長い歴史を持つファミリーの出身であったことに起因する。自身のワインへの情熱をプロの仕事に就いて生かすことを決めた。 ピサ大学の醸造・栽培研究学科より理学士号を取得の上卒業し、イタリア国内、ニュージーランド、チリの様々なワイナリーでワイン造りに携わった。

ルカ・マローネは、2003年当時26歳の時にコッレ・マッサーリに入社し、常駐ワインメーカーとしてグラッタマッコの醸造を担当した。彼の仕事に対するプロ意識と情熱は強く、職務と責任はコッレ・マッサーリ・グループの中でも大きくなっていった。2007年から、ルカ・マローネはワイナリーチームを主導し、最近では、全ての有機農法に基づいたコッレ・マッサーリの全レンジのワインの責任者である。

2011年よりポッジョ・ディ・ソットのワインの生産過程を監督するという名誉ある任務をフェデリコ・スタデリーニの補助の下開始した。

コッレ・マッサーリのチームとチーフ・ワインメーカーのマウリツィオ・カステッリと密接に働き、一貫した品質を保証し、コッレ・マッサーリとグラッタマッコのワインの真髄を表現できるようにしている。

コッレ・マッサーリは、2014年にイタリアンのグルメ専門誌『ガンベロロッソ』で最優秀ワイナリーに与えられる、「ワイナリー オブ ザ イヤー」を獲得しました。

*下記ワインはインターネットのお客様のみの特別商品です。

このセクションには商品が登録されていません