現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー ピション‐ロングヴィル バロン



シャトーの遺産

エステートは17世紀後期に設立された。この時代はグラン・シエクル、つまり偉大なる世紀として知られており、ルイ14世が1661年から親政によるフランスの王座を推進した時であった。影響力をもったワイン商であり、かの有名なラトゥールやマルゴーのエステートの管財人であったピエール・デェムズール・ドゥ・ローザン氏が、1689年にラトゥール近郊に畑区画を購入し、アンクロ・ローザンを創った。
子女のテレーズが1694年にバロン・ジャック・ピション・ドゥ・ロングヴィルと成婚した際、畑が財産の一部としてテレーズに贈与された。そしてこの年にピション・バロン・エステートが創られ、不屈の名高き、傑出したエステートがここに誕生した。エステートは同じ家が何世代も所有し続けた。


ケアする義務
生産者は自然の神秘が調和することを助け、毎年、その年の気象条件にあった作業を行う。栽培は正確、綿密であり、細部にまで厳しい注意が要求される。葡萄が最高品質レベルに達するように、栽培家は土を守り、樹をケアする。畑の毎日の管理がセラーで表れるワインの最終的な質の、最も重要な決定要素となる。
生産者であるシャトー・ピション・バロンは、品質の改善と栽培をマスターする、飽くなき目標をもって、苦労し伝統を守っている。
植生密度はヘクタールあたり9,000本。区画あたりの収量は樹齢と品種によって制限される。手摘みの方法だけで収穫されており、一番良い状態でワイナリーまで運ばれる。房は品種、樹齢、区画から選別される。この選果プロセスは、極めて重要なことである。畑の熟度の段階を見極められる、熟練した作業員が必要となる。

ピション・バロンのワイン
1855年に第2級に格付けされたシャトーのワイン シャトー・ピション・バロンは、エステートの歴史的な区画の最も古い樹の葡萄で造っている。このポイヤックの真髄であるワインは、力強く、偉大なる複雑性をもった、深みのある官能を与える。エレガントで、力強く、極めて長い味わい。年ごとに発展していき、セラーで40年間熟成させることができる。