商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー ポンテ カネ

ジャン・フランソワ・ドゥ・ポンテは、メドックの総督であり、ポイヤックの複数の畑の区画を18世紀初頭に統合した。数年後、彼の後継者は、カネという名前の場所の近隣に葡萄の樹を追加した。これが、メドックにおける最大級のエステートの始まりであり、設立者の名前が自然に土地の登記に反映された。

1世紀後、ポンテ・カネは著名な1855年の格付けに含まれ、メドックのエリートとしての位置を確立した。特別な地位を、当時のボルドーの船荷主達が見逃さなかった。ハーマン・クルーズが1865年にエステートを購入した。彼は、新しいセラー、近代化された醸造施設を造り、世界中でワインの評価を高めた。クルーズ家がポンテ・カネを110年間所有し、次の船荷主であるコニャック出身のガイ・テッセロンが1975年に購入した。

2世紀以上、ポンテ・カネは、3つの異なるファミリーによって所有された。今日では、アルフレッド・テッセロンと彼の従妹で、ジェラルド・テッセロンの娘で、ギィ・テッセロンの子孫メラニー が経営している。ポイヤックに踏み入れてから30年経つが、テッセロン家は徐々に畑の植樹を行い、建物や醸造施設の再建を行い満足している。

アペラシオン : ポイヤック

面積 : 120ヘクタール うち植樹面積81ヘクタール

土壌: 第四期の砂利質

葡萄品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン 62%, カベルネ・フラン 4%, メルロー32%, プティ・ヴェルド 2%

平均樹齢 : 40-45年

醸造方法 : 認定を受けたオーガニック、ビオディナミ製法

植密度 : ヘクタール当り9,500本

肥料 : 必要に応じて堆肥肥料を使用

植樹方法 : ダブルグイヨー方式 メドックスタイル

収穫 : 手摘みで収穫し、小さな箱に入れる。